スポンサードリンク

膝関節痛 半月板損傷 ロッキング

膝関節が激痛で動かせない

あっさりと退院

翌 朝起きると顔ふきのおしぼりがおいてありました。
手術着からジャージに着替えました。

朝の8時前 念願の朝食がぁ・・・・・。

うすいトースト二枚。
歩けないので看護師さんにトースターでカリカリに焼いてもらいました。

抗生物質の点滴を1日に何度か。
松葉杖を借りてうろちょろし始めました。

まだ加重をかけていません。
土曜日だったのでリハビリがありません。
暇でした。

足を曲げ伸ばしする機械をするはずだったのですが
ありませんでした。

翌日曜日もなんにもなし。
屋上あがって携帯であっちこっちにでんわ。
この日も抗生物質の点滴。
夕方に最後の点滴が終わって
三日間刺さりっぱなしの針をはずしてもらいました。

こうなるとどんどん元気になってきて
半分くらい加重をかけて松葉杖。

看護師さんもほとんどかまってくれずほったらかし。

月曜日になるとリハビリが始まりました。
関節はまだパンパンにはっているのに
曲げられてギブアップ。
筋トレに歩行練習。

月曜日はえらい先生の巡回があるとか。
そのときに担当の先生に 痛くないから
明日退院できないかときいたら
あっけなくいいよとのことで退院が決まった。
この日には松葉杖を返してびっこ引きながら
あるいていました。

その日の夕方 初めて消毒をしてくれました。
手術後はシートが貼ってあって
包帯がまいてあっただけ。
そんなもんなんですねぇ。

翌朝 早めにリハビリがありました。
そして10時に会計して
退院となりました。
6日間の入院でした。

このとき後悔したのはリハビリのことでした。
痛くないので退院させてもらいましたが
リハビリのことを考えていませんでした。
もう数日いれば良かったと思いました。


膝関節が激痛で動かせない

退院後

1日だけ家で休みました。
その翌日から仕事を始めました。

まだ足は曲がりません。
左足は伸ばしたまま仕事をしました。

実際は一週間後の抜糸の頃まで養生しておく
はずのようでしたが ちゃんと聞いてませんでした。(^_^;)

一週間後に通院して抜糸をしてもらいました。
ピンセットで引っ張りながらハサミでちょきんときるだけ。
簡単でした。

正座は早いうちにできるようになったのですが
胡座がなかなかできませんでした。
正座も胡座もできるようになったのは
3ヶ月後くらいでした。
およそ5ヶ月でほぼ以前の状態になったなと思った頃・・・・・

バイクで車と衝突。
胸部の打撲と足の親指の骨折で
同じ病院に救急車で運ばれてしまいました。(泣)
一週間後その病院でまた骨折の手術。
膝とちがって痛かったこと痛かったこと。
11日間入院する羽目になりました。
しかし膝とは直接関係ないのでやめときます。

膝関節が激痛で動かせない

半月板損傷治ったと思ったのだけれども

昨年の11月の終わり
半月板を縫合してもらう手術を受けました。
もう治ったとおもっていました。

今年の4月14日
あさバイクの通勤途中で交通事故に会い
足の親指の骨折の固定手術をうけました。
その後約2ヶ月間ギプス固定をしました。

ギプス固定を外したあとは正座ができなくなっていました。
胡座はできるのですが正座はできない。

仕事は胡座で行っていました。

そして8月30日の朝
座っていて立ち上がろうとしたとき

まさかっ!!!!!!!

あのいや〜な感触
膝のロッキングがおこりました。

やばいっ。と思いながらフリーズしてしまいました。
1ミリでも動かすと痛い。
しかしゆっくりゆっくりとのばして
外れるのを待つしかありません。

このときは10分くらいてボコッと外れました。

「治ったはずなのに」

これで前回の手術と回復にかかった5ヶ月間が元の木阿弥。

でもなんでかたまたままぐれやと思って怖がりなからも
普通に生活をしていたのですが
再び9月17日にもう一度ひっかかってしまいました。

このときは動作の途中でひっかって 反射的に足を伸ばしたので
その瞬間外れましたが かなり深く挟まってバキッと外れたので
かなり痛みました。

もう間違いがないので 膝の担当の先生の予約を取りました。
しかし先生のスケジュールが忙しくて一月以上先の予約しか
ありませんでした。

それから1ヶ月以上左足を曲げないで仕事をして腰が痛かったです。

1 2 >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。