スポンサードリンク

膝関節痛 半月板損傷 ロッキング

膝関節が激痛で動かせない

再手術のための入院

2009年11月5日

昨年の暮れから事故の手術を含めて三回目の入院です。
さすが厄年。

入院も慣れたもので身の回りの用意をして
朝10時に受付に行きます。

そのまま病室に案内されジャージに着替えました。

ここで看護師さんから説明があるのですが
担当も昨年の人だったので簡単に省略。
腕にバーコードのリストを巻かれます。

なにもすることなく待っていると昼ご飯。
相変わらず ご飯ばかり多くて
おかずが貧素。

夕方にドクターから家族に説明があるので
母にきてもらっています。荷もつを運ぶのもありますしね。

夕方先生に説明をうけ 承諾書にサイン。
母も三回目でなれたもの。

終わったら車に乗ってとっとと田舎に帰ってしまいました。


事故の時の入院は6人部屋で狭かったのですが
やはり膝の手術の時は四人部屋。
担当の先生の力かなぁと思いながら
通路側の角。

夕方6時頃夕食が出ます。
この食事を取ったら翌日術後麻酔が切れるまで食事が取れません。

消灯10時になると何も飲めません。

今は健康体に見えますが手術が終わると身動きが取れない
病人のようになってしまいます。

慣れたといってもやはり覚悟はいります。

その日は素直に寝ました。(術後は持ち込んだDVDで看護師さん目を盗んで夜更かしでした。)




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。