スポンサードリンク

膝関節痛 半月板損傷 ロッキング

膝関節が激痛で動かせない

初めての入院 手術

一週間後入院となりました。
手術前日の朝10時に入院。
 
病室に連れて行かれ説明をしていただきました。
四人部屋の廊下側。
ジャージに着替えてじきに 昼食。

なにもしてないのに昼食がでてきて
特になにもすることなし。

検査もなし。
初めての入院でびびりまくっているのに
そのまま夕食がでました。
6時前なのに早い。

手術前日なのでお風呂に入ってすね毛処理。

夕食がおわったら後は絶飲絶食。
あとは手術が終わって麻酔が切れるまで
まったく飲み食いできません。

夜も10時に消灯。
そんなに早く寝られる分けねえ。

仕方ないので渋々就寝。

翌朝はみな早く となりのおじいちゃんが
朝5時頃からガサガサうるさい。

それでも寝続けると 8時前に朝食のはずが
なにもなし。

水分がたりなくなるので朝から点滴の開始。

手術は午後からなので空腹の時間が長い。
お昼ぐらいに 手術着を渡され それに着替える。

手術時間が近づいてきて 準備室に呼ばれる。
ベットにあがると 予備注射を打たれる。
結構痛い。気が楽になって麻酔の効きをよくする
注射だそうだ。

そして横になったまま 天井を見ながら
廊下をベットのまま手術室に連れて行かれました。
まるでテレビドラマの1シーンのようでした。

おおげさな。(^_^;)

膝関節が激痛で動かせない

大きな病院での診察

大きな病院でもなかなか膝の専門の先生がおらず

そのなかでやっと膝専門の先生のある病院を紹介していだきました。

予約の日 まずレントゲンをとってもらいました。
骨自体は健康な綺麗な状態でした。
半月板はうつらないですからね。

その病院ではMRI撮影は予約で一杯で今日は撮影できないが
よその病院なら お昼一番で撮影できるとのことで 
予約を取ってもらい 撮影にいきました。

初めてMRIの撮影したのですが うるさいですよねあれ。
撮影したモノをもらって 再び病院へ。

午後一で診ていただきました。
断面が在る位置で小さく写っていて
関節の中央によっている可能性があるとのこと。

おそらく先天性の円盤状半月だろうから
余分な部分を切り取るか 痛み具合がひどければ
全部摘出になると言われました。

どちらにしても実際に開けてみてみないと分からない
ということでした。

私もその場で覚悟を決めて手術していただくことにしました。
そのまま入院のための血液検査 尿検査 心電図 などの
検査をしてもらって 帰りました。

1日で全部決まってしまって 診察も1日仕事。
えらいことになりました。

いままで仕事で勤めた事はありますが
患者として入院するのは40にして生まれて初めてでした。

私は1日2日で退院できると思ってたのですが
先生曰く 最短4日くらいで退院できるが 「痛いよ」 といわれ
観念しました。

膝関節が激痛で動かせない

整形外科の診察


近くの整形外科に診察してもらいにいきました。
40年間原因が分からなかった病気です。

しかし先生はあっさりと 

「それは半月板損傷のロッキングだ」

とのたまわれました。

おそらく整形外科領域ではよくある症状のようでした。

十数年前鍼灸マッサージの専門学校で授業で
習ってたはずです。
つい数年前 柔道整復師の専門学校で習った気がします。

自分がそれとも気づかずに。
専門学校でも鍼の師匠も そんなよくあるらしい症状を
特定できなくて 座学だけでは駄目なのを改めて
認識しました。

膝関節内で 半月板が挟まる症状で スポーツなどで
半月板を傷めるばあいと もともとCの字型やO型の
半月板が 先天的に円盤型をしていてそれが引っかかる
場合などいくつかパターンがあるようです。

子供の時から起こっているのでおそらく円盤形だろう
という事でしたが実際にはMRIを撮ったり
関節鏡検査で関節内を見てみないと分からない
とのことでした。

小さい整形外科では検査は無理で
半身麻酔で手術台に上って検査しないとだめなようで

大きな病院に紹介状を書いていただきました。

その先生は半日で帰れるようなことをいってましたが
実際には6日間入院する羽目になりました。


<<前の3件  .. 2 3 4 5 6  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。